Qtをメインに、プログラムやITに関する情報を発信

Qtの戯言

デバッグ

qDebug関数をC++形式で使用する

投稿日:

qDebug関数とは

Qtでアプリケーションを作成するにあたり、デバッグログをQt Creatorの「アプリケーション出力」に出力するために使用します。
同様の関数には、

  • qDebug()
  • qInfo()
  • qWarning()
  • qCritical()
  • qFatal()

があります。

 

デフォルトでは、以下の様にprintf関数形式で使用します。

qDebug("test");
qDebug("int:%d", 10);
qDebug("double:%lf", 123.45);
qDebug("string:%s", u8"abcあいう");

 

test
int:10
double:123.450000
string:abcあいう

 

C++形式で使用する

C++形式で使用するには、QDebugをインクルードします。

#include <QDebug>

 

qDebug() << "test";
qDebug() << "int:" << 10;
qDebug() << "double:" << 123.45;
qDebug() << "string:" << u8"abcあいう";

 

test
int: 10
double: 123.45
string: abcあいう

 

<< で繋いで出力した時に付加される空白を無くす

nospaceを指定しましょう。

qDebug().nospace() << "test";
qDebug().nospace() << "int:" << 10;
qDebug().nospace() << "double:" << 123.45;
qDebug().nospace() << "string:" << u8"abcあいう";

 

test
int:10
double:123.45
string:abcあいう

 

-デバッグ
-, ,

Copyright© Qtの戯言 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.